職場紹介

袖ケ浦さつき台病院は、高齢者や精神障がい者の心身の治療・ケアがバランス良くできる病院をコンセプトに
現在10病棟・外来・手術室の計12部署で構成されています。
患者様とそのご家族様もチームの一員として、ともに「その人らしさの支援」に取り組んでいます。

本棟

本棟

  • 2A 病棟

    2A 病棟

    2A病棟は、病床数60床(Aチーム:内科30床、Bチーム:外科30床)の急性期病棟です。
    入退院、手術などで多忙な日もありますが、入院時からの退院支援だけでなく、チームで連携して患者様中心の医療、ケアに向き合っています。
    20~30代の経験年数が5年未満の看護師も多く、先輩看護師の見守る中育成にも力を入れていきます。現在面会が十分にできない状況ですが、ご家族、患者様の不安が少しでも軽減できるよう、精一杯支援をしていきたいと思います。







  • 3A 病棟

    3A病棟は精神科の開放病棟です。25床と小規模ですが、特殊疾患に指定されている神経難病や肢体不自由等の患者様を受け入れており、医療的処置が多い病棟です。
    また摂食障害の患者様に対して多職種でチームを作り、精神的身体的ケアも行っています。ホールでは作業療法プログラムや理学療法士による運動器のリハビリも行われています。

  • 外来

    3B病棟

    3B病棟は地域包括ケア病棟です。急性期治療終了後、すぐに在宅へ移行することへの不安がある患者様に、医学的管理・看護・リハビリを行い、自宅や居住介護施設などへの復帰に向けて準備を行う病棟です。
    さらに、地域で在宅療養されている患者様やご家族を支援するための入院の受け入れも行います。入院期間は60日間を限度とし、医師や看護師だけでなく、専従のリハビリスタッフや医療相談員など多職種と協力し合いながら、安心して退院できるように支援を行っています。






  • 手術室

    手術室

    手術室では、年間約250件の手術を行っております。診療科は外科・整形外科で、外科は主に消化器手術、整形外科では骨折整復以外にも2022年から脊椎手術も実施しております。

    手術室は、一生に一度体験するかしないかの特殊な環境です。術前訪問や病棟看護師、医師との情報共有などを行い、そのような環境で少しでもリラックスして手術に臨めるような支援を、スタッフ一同心がけております。




  • ライフメイト

    外来

    当院は、内科、外科、整形外科、心療内科をはじめ15科以上の外来診療を行っています。また二次救急、精神科基幹病院として24時間365日患者様の診察、入院の受け入れを行っております。

    感染対策と医療安全に留意し、清潔で安心・安全な外来を地域の皆様に提供できるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。



  • ライフメイト

    当院では介護職員をライフメイトと呼称付けており、働きやすい環境作りと働き続けられる職場を目指して、職員と病棟の特性に合わせた配置をしています。

    回復期リハビリテーション病棟では、質の向上を目指して介護福祉士のライセンスを持った職員を配置し、看護師・理学療法士・作業療法士と一緒にチームの一員として介護の専門性が発揮できるように取り組んでいます。

    また、関連施設への出向制度も行っており、病院と施設での業務内容の違いや求められる役割の違いを知る良い経験ができています。 

東棟

東棟

  • 2C 病棟

    2C 病棟

    2C病棟は、精神科慢性期の患者さまが入院されている病棟です。長期に入院されている患者さまが多く、看護は退院支援に向けた取り組みに力を入れています。
    自宅やグループホームへの退院を目標に、患者さまやご家族の不安を聞きながら個々に合わせた看護を提供しています。日常生活の何気ない変化に気を配り、患者さまの生活を支えています。

    看護の力で退院支援を進めることができるので、スタッフ同士の協力体制が整っています。

  • 3C 病棟

    3C 病棟

    3C病棟は認知症治療病棟であり、認知症と診断され、精神症状や行動障害が認められ、自宅や施設での生活が困難な方を専門的に治療する病棟です。
    プライマリーナースを中心に、その人らしい生活ができるように日常生活を整えながら患者様にとって、安全で安心して過ごせる環境づくりを心掛けています。症状が落ち着いた際には、速やかに退院調整ができるように支援を行っています。医師の指示のもと生活機能訓練を看護師・ライフメイト・作業療法士と連携して行っています。

  • 4C 病棟

    4C 病棟

    4C病棟は精神科救急急性期医療入院料病棟で、24時間365日精神の急性期治療を要する患者様を受け入れています。定められた期間内で、入院から退院まで患者様に寄り添った看護を展開しています。
    疾患の看護のみならず、退院後の生活の悩みなども患者様と共に考え、多職種で連携しながらチーム一丸となり支援しています。患者様との関わりの中で築かれていく信頼関係や、共に問題解決に取り組むことで看護師自身も成長できるやりがいのある病棟です。

  • 5C 病棟

    5C 病棟

    5C病棟は、精神科慢性期病棟です。グループ活動や退院支援に力を入れています。集団療法としてグループ療法や心の元気相談会などのプログラムを開催しています。また、作業療法では軽作業や体操などの活動を取り入れています。

    退院支援として相談員や地域の方々と連携し、患者様の不安の軽減に努めながら退院後、本人が安心して生活できる場所を支援しています。

    入院中は、患者様が安心して療養生活が送れるようにスタッフ一同、気を配っています。

リハケア棟

リハケア棟

  • 2R 病棟

    2R 病棟

    2R回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や運動器疾患の急性期を脱した方々に、社会復帰に向けたリハビリテーションを行っています。
    日常動作すべてをリハビリテーションの視点で関わり、身体面の変化にも気を配り、医師・看護師・介護士・PT/OT/ST・家族で協力して支援を行っています。
    チームでの関わりを大切にして早期退院を目指しています。

  • 3R 病棟

    3R 病棟

    回復期リハビリテーション病棟3Rは、患者様が急性期治療を終え、身体機能の回復が最大限臨める時期に、多職種で関わりながらリハビリを通して、日常生活動作の拡大や、失われた機能の再獲得を目指す病棟です。看護の役割は身体状況の管理、日常生活リハビリ、患者様・ご家族の精神的サポートです。
    患者様の過去を知り、今を考え、未来につなげられるように多職種で連携しそれぞれの専門性を発揮し退院支援をしています。

    笑顔で退院する患者様が多く、やりがいのある病棟です。

病院見学・採用ご応募をお待ちしております!お気軽にお問い合わせください

私たちと一緒に袖ケ浦さつき台病院で働きませんか? 病院見学も随時行っています。

TEL.0438-62-1113 (人事・経理課 清水、鈴木迄)

お問い合わせフォーム 病院見学のご案内

ロゴ