職場紹介

袖ケ浦さつき台病院は、高齢者や精神障がい者の心身の治療・ケアがバランス良くできる病院をコンセプトに
現在10病棟・外来・手術室の計12部署で構成されています。
患者様とそのご家族様もチームの一員として、ともに「その人らしさの支援」に取り組んでいます。

本棟

本棟

  • 2A 病棟

    2A 病棟

    2A病棟は急性期病棟です。一般内科、消化器外科、乳腺外科、整形外科における急性期治療を有する患者様が対象となります。当院は二次救急を担っているため、その患者様も入院の対象です。手術目的などの予約入院のほかに、受診即日の急な入院が多くあります。

  • 2B 病棟

    また精神科病棟や回復期病棟からも急性期治療が必要な患者様を受け入れています。急性期の看護師は知識・技術と共に迅速な対応が求められる病棟です。

  • 3A 病棟

    3A 病棟

    3A病棟は、精神科身体合併症病棟です。また院内唯一の開放病棟でもあります。
    当院の特徴の一つである精神・身体両方のケアをバランスよく行える病棟です。また神経症や気分障害といった比較的症状の軽い患者様が、開放的で自由な雰囲気の中でゆったりと療養できる環境にもあります。25床と小規模ですが、その分、患者様一人一人とじっくり向き合い、入院中の治療はもちろん、退院後の生活を見通した支援を行っています。

  • 3B 病棟

    3B病棟は地域包括ケア病棟です。急性期の治療が終了し病状が安定したものの、すぐに自宅や施設等での療養に移行することに不安がある患者様に対して、在宅復帰に向けて、医療管理、診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。入院期間は、60日間を限度としています。医師や看護師だけでなく、専従リハビリスタッフや医療相談員などの多職種と協力し合い、患者様の状態及び在宅サービスが整い次第退院となります。

  • 外来

    外来

    当院は、身体面・精神面の両面を診ることの出来る病院です。
    外来では、内科・外科は二次救急、精神科は基幹病院として患者様の受け入れを行っております。
    外来看護として、疾患を持ちながら、在宅で生活されている患者様やそのご家族の支えとなりつつ、当院の理念である、地域の皆様に貢献できる外来となれるよう、スタッフ一同心掛けながら勤務しています。

  • 手術室

    手術室

    手術室では、外科・整形外科の手術を行っており、外科は消化器疾患を中心とした腹腔鏡下手術など、整形外科は下肢・上肢の骨折整復術などを中心に手術を行っております。高齢の方や、不安の強い方、精神疾患を合併している方、認知症の方などにも安全・安心な医療を提供するために、病棟とも密に連携を取り、細やかなサポートができるように心がけています。医師とのコミュニケーションも良好で、アットホームな雰囲気の手術室です。

  • ライフメイト

    ライフメイト

    当院の看護補助者(ライフメイト)は、医療チームの一員として患者様のケアを行っています。看護補助者の中には、介護福祉士の国家資格ライセンスをもった職員も多くいます。介護福祉士はお手伝いをするだけの介護から自立支援が提供できることを目標に活動をしています。まだライセンスを持っていない職員も、看護師や介護福祉士を目指し、患者様に良い医療とケアが提供できるように取り組んでいます。

  • 地域連携室

    地域連携室

    地域医療福祉連携課では、看護師、社会福祉士、精神保健福祉士で構成され、他院からの入院、転院相談・情報提供依頼の窓口を担っております。
    また、患者様やご家族の方が安心して療養し、社会生活が送れるように次のような相談・援助を行っています。相談には専門の相談員が応じています。

    •障害年金や自立支援医療費、介護保険など制度についての相談
    •退院した後の生活の仕方についての相談
    •利用できる施設についての相談 など

東棟

東棟

  • 2C 病棟

    2C 病棟

    精神科社会復帰病棟、48床の2C病棟です。「私たちは退院に向けて応援します。」をモットーにプライマリーナースを中心に、退院支援を行っております。特に患者様とプライマリーナースの良好な関係つくりを重視し、良い関係の中で退院に向けて、困難な長い道のりを他職種と共に行っております。患者様とスタッフでグループホーム見学会を行うなど病棟全体で「退院」は自然なことと浸透していっているところです。

  • 3C 病棟

    3C 病棟

    3C病棟は認知症病棟です。入院患者様がその人らしく穏やかな生活が過ごせるようにケアをしています。医師、看護師、介護士、作業療法士と協働し食事・排泄・整容・アクティビティ等により患者様の日常生活、安全な生活環境を整えながら日々の患者様との関わりを大切にしています。体操をしたり音楽を聞いたり貼り絵や布アートを行なったりとアクティビティも充実し、笑顔が多いアットホームな雰囲気の病棟です。

  • 4C 病棟

    4C 病棟

    4C病棟は、精神科スーパー救急病棟です。閉鎖病棟となっており、日々精神疾患患者様の入院受け入れと看護を行っています。精神疾患を抱えた患者様と日々寄り添いながら、疾患の看護だけではなく、生活の悩みや退院支援等もおこなっています。
    患者様との関わりの中築かれていく信頼関係や、共に問題解決に取り組んで行く過程などやりがいのある病棟です。

  • 5C 病棟

    5C 病棟

    5C病棟は、精神科急性期治療病棟です。「その人らしく」をモットーに、患者様のセルフケア能力の維持・向上を目指し、患者様に寄り添った看護を実践しています。患者様の人権擁護に努め、安全・安心な看護を提供し、患者様の社会復帰に向けた援助を行なっています。チームワークを大切にし、職員一人ひとりが相談しやすい環境を作ることで、互いを尊重できる働きやすい病棟です。

リハケア棟

リハケア棟

  • 2R 病棟

    2R 病棟

    回復期2R病棟は、急性期での治療を終えた患者様が、地域社会への復帰を目指して残存した機能を可能な限り活用できるよう、訓練や準備をする病棟です。対象疾患としては脳疾患、骨折、廃用症候群などで、疾患別に入院期限が定められています。多職種チームによって、入院前より質の高い生活を目指すためにリハビリを行う病棟です。

  • 3R 病棟

    3R 病棟

    回復期リハビリ3R病棟では、急性期の治療を終えた患者様のリハビリテーションを行っています。医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、リハビリテーションスタッフが患者様を中心に協力してより良い状態で退院できるようにチーム医療を展開しています。県内屈指の実績を誇り、リハビリの時間や内容もレベルの高いものになっています。多職種連携に興味のある方をお待ちしています。

病院見学・採用ご応募をお待ちしております!お気軽にお問い合わせください

私たちと一緒に袖ケ浦さつき台病院で働きませんか? 病院見学も随時行っています。

TEL.0438-62-1113 (人事・経理課 清水、鈴木迄)

お問い合わせフォーム 病院見学のご案内

ロゴ